水が飲めない子供の対策方法

水が飲めない子供の対策方法幼い子供が水が飲めないという問題を抱えている保護者の人は多いのではないでしょうか。ジュースのような清涼飲料水ばかりを飲んでいると、虫歯や糖分の摂取量が過多となる恐れもあります。

さらに夏場になると脱水症状を起こすこともあるので水を飲んでもらいたいのに、子供に必死に拒否されて仕方なく清涼飲料水を飲ませてしまうということもあるでしょう。

しかし水分補給のたびに清涼飲料水を飲ませる訳にもいきません。幼い子供はまだ身体が成長段階で肝機能もまだ十分に働いていないため、負担の少ない水を飲ませて水分補給を行うことが望ましいです。

このような健康面はもちろんですが、金銭面を考えるとジュースだけではなく水も飲めるようにしておく必要があります。そのため保護者としてはどうにかして子供の水嫌いを克服させたいと思うのは当然の流れだと思います。

ではなぜ子供は断固として水を飲んでくれないのでしょうか。子供が水が飲めない理由としてまず考えられるのは水の味に慣れていないことです。赤ちゃんの頃には母乳や市販のミルクを飲んでいた経験があるため甘みには慣れていますが、味がない飲み物には慣れていないので拒絶してしまいます。甘い清涼飲料水ならばゴクゴク飲むのはこのためでしょう。

これは本能的なものですので、幼い子供の場合よくあることです。

そのほかに水が飲めない理由として味の好みによるものも考えられます。人間誰しも好みの味がありますが、幼い子供も同じです。水の味が好みではないことから飲みたがらない子供も多くいます。

水の味はほとんどないのではないかと思う人もいますが、そのようなことはありません。水も種類によって味は異なります。水道水やミネラルウォーター、天然水などのように一口に水と言っても種類は豊富なのです。

これらのように子供が水を飲めない理由が考えられるので、子供の水嫌いを克服するにはそれぞれに適した対策を行う必要があります。

水が飲めない原因に合わせた水嫌いの克服方法

味に慣れていないことが原因の場合は少しずつ水を飲む機会を作り、慣れていく必要があります。まずジュースなどを買わないようにしたり、子供の視界に入らないように隠すことでジュースを飲むという選択肢をなくします。

さらにいつでも水を飲めるようにマグカップに水を入れて、近くのテーブルに置いておきましょう。遊び疲れたときに自然と飲めるような環境を整えるのです。水が飲めないことを意識しすぎないように楽しく水を飲む工夫も効果的です。

例えばマグカップをお気に入りのキャラクターが描かれているものにしたり、保護者も一緒に飲んでみると楽しんでくれることがあります。このときはおいしそうな表情で水を飲んでいる姿を見せるところがポイントです。

そのほかにもウォーターサーバーを用いて興味を惹いてみてはいかがでしょうか。一緒に作ることで楽しく準備することができるので、水への抵抗感を減らすことに繋がります。

次に味が好みではないことで水が飲めない場合は様々な水を試してみると良いでしょう。前述したように水によって味が違い、市販のミネラルウォーターでもそれぞれ固有の味があります。また水にフレーバーをつけることも有効です。

オレンジなどの果物を輪切りにして水に浮かべるとほんのりとした味と香りがつくので飲みやすくなります。甘みをつけるならばオリゴ糖を入れることがおすすめです。

糖分が控えめで健康にも良いのでジュースばかり飲む生活だった場合には試してみると良いでしょう。

水が飲めない場合の克服方法はこのように挙げられます。水を飲みたくないという強い気持ちをほぐすことから始め、時間をかけて克服してみてはいかがでしょうか。